聴導犬サミーの2代目になるべ修行中


by TiaSammy

カテゴリ:Training( 12 )

GWのど真ん中

ティアに会って、トレーニング。
アジアトレーニングは近くに駅がある。
ティアは音にビビるので、まずはロータリーでヒールの練習。
e0173961_15492333.jpg

e0173961_15494022.jpg


そして
エレベーターに乗って駅へ。
エレベーターは問題なく乗れる。
駅では電車の音が聞こえるのでそこで『待て』の練習。
最初は結構待てたが、長すぎると集中力が切れてしまう。
少しずつだね。

そして、エスカレーター。
1回目は引いた。怖いよ。
そのあとは頑張って乗った。
e0173961_15541433.jpg

少し腰が引けているね。

トレーニングが終わった後
サミー姐と再会。
短いあいさつで終わった。
ティア大人になったな。
e0173961_15582862.jpg

いつもならちょっかい出してはサミーに怒られるティアでもっと遊ぼう。ねっねっとしつこかったのに。

そしてランチへ
ティアは私の足元で待っている間にすやすや。
しかし、痛くないのかね?くび。。。。
e0173961_1601427.jpg


午後からナルが合流して
合同トレ。
e0173961_161972.jpg

e0173961_1614142.jpg

[PR]
by TiaSammy | 2010-05-02 15:46 | Training
先週、ゆんみとサミー姐と会ったけど少ししかいられなかった。
今日は車から降りたときにすぐゆんみがいること分ったよ。

わーいわーいゆんみと飛びついた。
ゆんみはすぐ落ち着かせるように「シット」
すぐ座ったけど、やはり飛びつきたい。
興奮した状態だったので、少し一緒に歩いて落ち着かせてから
ラポール内でトレーニング。

研修中のケープを着けたが、小さい。
ティアがぶるぶるするたびに前のテープが取れて、はだけてしまう。
マジックテープは弱い。バックルで止めるべきです。
Nさんによると間違えて持ってきた。ティアの大きさのケープはあるんだけどね。
ということです。

ラポールにはいろいろな人が集まって、いろいろな音がするのでいい訓練になる。
ラポールは障害者スポーツセンターでもあるので
車いすや杖を突く人がいる。
サミーは特に車いすが苦手。好きな人が車いすに乗っていても車いすには気にならない。
サミーの心の友「元介助犬ニッキー」のパートナーのゆっきーは車いすに乗っている。
サミーは気にならずニッキー、ゆっきーとあいさつに行きます。
サミーはとにかく自分の目でよく観察している。

ティアはどうかな?
ティアは全く気にならない。
車いすが後ろでずっと続いたときは流石に気になっていたけど
サミーほどではない。

そこにはミニボーリング場がある。
ティアはとにかく音が苦手。敏感だから新しい音に怖がる。
慣れてしまえば、平気なティア。
最初は私の股に挟んで座っていましたが、全然平気でした。
では、少し離して伏せの状態で待ってもらう。
最初はすぐ私の傍にいたがるティアでしたが、だんだん慣れてくると
伏せの状態で待てるようになりました。
その間にプレーヤーはどんどんストライク、スペアとピンを倒していきます。
その倒した音はティアには大丈夫の様です。

ロビーで3メートルほど離れて伏せて待つ練習。
やはり、ティアは不安な顔になって耳をぺしゃんこに倒してしまいました。
ああ、ゆんみが離れた。Nさんの顔をみてどうするの?待てばいいの?
最初は頑張って伏せて待つが、どうしてもゆんみの傍に行きたい。
伏せから少し、ほふく進行で前に進む。
それで戻されると、伏せから背伸びしてからまた伏せの状態で少しずつ
ゆんみの距離を縮める。
頭を使ってどうやったらゆんみに気がつかれないように近づけるか工夫しているんですよね。

その訓練模様をラポールに来ている人たちにも見守って頂きました。
ラポールに聴導犬が欲しいなという友人が働いていますので
紹介しました。

サミーとティア。
サミーはやはり凛々しい。ティアは甘えん坊という感想をもらいました。
ティアはとにかくこれからいろいろ場数を踏んでいけば、どこへ行っても
自分なりに判断して行けるでしょう。
今日は初めてのことでギョロギョロ、クンクンでした。

がりがりだったティアはしっかりした体を作っており
かっこいい体型になりました。
ティアが認定に合格したら、一緒にスポーツを楽しみたいですね。
ゆんみはバリバリ体育系だから。
[PR]
by TiaSammy | 2010-04-01 15:01 | Training

ゆんみの呼び出し

今まではティアの得意な前足で呼び出しの練習させていたけど、
私がティアの同じくらいの高さで座っているとティアの前足が私の顔に当たる。
それでは危ない。しかも飛びつきも私には構わないけど、他の人には危ない。
危害を与えているという勘違いされても困るので、前足を封印させました。
前足を使うのはティア自身が遊ぶ時だけ。人に対しては封印です。

まずはおやつを手に隠して、「タッチ」と言って鼻タッチさせること繰り返す。
おやつの欲しさに突っついてくる。
その動作を利用しての訓練。
ティアの場合は食べ物に執着しては言葉や手話を聞いていないので
10回できたら1回あげるという方法で取る。
それはサミーも昔同じようにやってきたこと。

そうすると、だんだんティアの頭が「おやつ」から聞く、見るモードに集中させる。
集中すると訓練性がどんどん高まってくる。
おやつをあげなくても褒めるだけでも充分反応してくれるようになった。

最初はすぐそばで呼び出し。
それができるようになったら、少し離れての呼び出し。
それができるようになったのが下の動画です。
どうぞ。


[PR]
by TiaSammy | 2010-02-05 22:38 | Training

呼び出し

ティアが家に戻ってきてから毎日、呼び出しの練習をしている。
やかんの笛音とお知らせタイマーにはその場所で鼻で突っつくことはできる。
しかし、呼ぶことまだ理解していないので
「ゆんみ」と由美の指文字と一緒に何回も私にタッチしたら
おやつをあげる方法でやった。
最初は分らないままただ、前足で私の体に置くという感じでタッチ。
少しずつ難易度をあげ、読んでいないのにタッチの状態ではあげない。
そうするとティアは考える顔をし始めた。
あれ?
くれない?
どうしてかな?
何回も繰り返して聞いている言葉は「ゆんみ」手の動きは由美。
その言葉を聞いて単に近くにいる人にタッチするのではなく
ゆんみの体にタッチすることを認識し始める。
アイコンタクトがあるときはゆんみにタッチすることはできるが、
わざと背中を向けての呼び出しは少し難しい。
もう少し頑張れば、100%認識できるだろう。

楽しみだ。
ティアが少しずつ考える力がついてくれば、いろいろ遊べる。
[PR]
by TiaSammy | 2010-02-01 19:10 | Training

わが家に帰ってきました

わが家に帰ってきました。
ゆんみがずっと海外の仕事でいろいろ忙しかったんだって。
落ち着いたから迎えに来てくれたよ。
まずはトランプディナでサミー姐と一緒に行きました。
e0173961_210920.jpg

サミー姐
e0173961_2103419.jpg


サミー姐と私の名前が書いてあるんだよ
家にはたっぷりゆんみに甘えた。べっとりと。
e0173961_2115827.jpg

e0173961_2122921.jpg

サミー姐とツーショット

そして今日は
ザブラックラブカンパニー
へ行ってきましたよ。サミーのケープを作ってくれたところです。品添えもいいです。
今まではオンラインオーダーでしたけど、初めてリアル店に行ってきました。
欲しいもの沢山。でも、今回は買わなかった。
改めてオンラインで買います。
いいね。
e0173961_2161078.jpg

カフェではBLCセット 1,000yen コンビーフ・チーズのオーブン焼きトースト、サラダ、フルーツ、スープ、紅茶で
ランチしてきました。

サラダが美味しいです。
フルーツは凍ったラスベリーとバニラアイスでしたよ。
毎回写真を撮るのですが、今回は撮らなかったな。

机が高いので大型犬には丁度いい。
ほとんどのカフェの高さだと、サミー姐も私もアゴが乗せられる。
今回は乗せられないほどの高さなので食事はにおいだけでした。

いろいろ連れて行ってね。
サミー姐のように場数を踏んでいきたいからね。
[PR]
by TiaSammy | 2010-01-23 20:57 | Training

横浜ららぽーと

本日は横浜ららぽーとでのトレーニング。

ティアはいつもの通りに私はいないと思い込んでいるから素通り。
おっ!
ゆんみがいた!!!
喜び爆発、テンション高!
e0173961_22594697.jpg


ちょうど昼時だったので、ドッグカフェでのトレーニング。
しかし、ティアはゆんみに久しぶりに会ったのが嬉しくてたまらなくて
甘えることでいっぱい。
なかなか座らない、伏せしない。
しばらくはなでてあげてからティアに時間をあげたら、いつものように
伏せしては横にゴロンとなりました。


昼ご飯を食べた後は、
初挑戦。
エレベーターに乗る。
横浜ららぽーとはペットが乗れるエレベーターがあるので、それで乗り降りの練習。


最初は箱が動いたのでビビったティア。
初めての経験なので。。。
繰り返しに乗り降りしていくと、エレベーターという乗り物に理解した。
e0173961_2301451.jpg


次は
エスカレーター。
今まではティアは怖がってクリアできずにいた。
今回はゆんみと一緒。
どうかな?エスカレーターは乗って楽しいものだよとティアに気持ちを伝えてから
いざ、乗ってみようと思うとあっさりとついて乗れた!
ただ乗り方が勢いで乗る。
でも、下りでの乗り方は落ち着いて乗れる。。。
繰り返しに試してみても、上りのほうはどうしても勢いでないと乗れない模様。
でも、今までは怖がって乗れなかったのに対して乗れたので
めいっぱい褒めてあげました。
偉いね。
e0173961_22591491.jpg


ティアは1歳になってから
少しずつ考える力が付いてきました。
できないと思う前にゆんみと一緒だったらできるかも。
ゆんみが普通にエスカレーターに乗っているなら、わたしもできるはずという風に。

会うたびにどんどん成長していくティアが見られて嬉しいです。
[PR]
by TiaSammy | 2009-11-16 23:01 | Training

マグカップが欲しいの

ティアがトレーニング先で撮って頂いたティアの様子。

ティアらしさが丸出しです。

まずは熱いマグカップにくぎ付け。
e0173961_20593693.jpg

欲しいですけど?
e0173961_2101959.jpg

どうやって飲もう?
e0173961_2105611.jpg

熱いじゃないの?ちょうだいよ。
e0173961_2114257.jpg

ウガガガ。ほっすい。
e0173961_2121658.jpg



10月10日
ゆんみが来てくれた。
日吉フェスタで補助犬PR.
ティアはたくさんの人ごみの中で、いろいろな音や食べ物の匂いがするなかで
落ち着けるようにトレーニングしてきました。
まずは、撫でてもらっています。
e0173961_214698.jpg

そして
デモンストレーションの前にそれぞれの補助犬の紹介。
現役の補助犬であるのは聴導犬サミー姐だけ。
他はトレーニング中と引退してデモ犬になっています。
e0173961_2172059.jpg

ティアはしっかりゆんみの顔を見ていますね。

最後にサミー姐とツーショット
e0173961_2181694.jpg

だんだんサミーに似てきたね。
ティアがサミーに似てきているんだろうね。
サミー姐が大好きなティアだからね。

写真提供:AWDA
[PR]
by TiaSammy | 2009-10-08 20:57 | Training

わたしがんばってるよ

わたしのでばんあんまりないけど

がんばっています。

あじあわーきんぐどっぐきょうかいで

まいにちとれーにんぐしています。

あじあわーきんぐどっぐきょうかいのぶろぐをみてね。

さみーあねとちがうけいけんをつみかさねています。
[PR]
by TiaSammy | 2009-08-28 00:15 | Training

本日のトレーニング

流石ベルのことをよく知っている人は下の記事のティアかヒューゴなのか
当てましたね。

本日はティアのトレーニングです。
これまでにトレーナーと頑張って、少しずつ基本なことをこなして行っています。

今までクリアできなかったことが、私が来たことでクリアした。
地下鉄に通じる階段とエスカレーターがありますが、階段へ降りること出来ず
通り過ぎるだけの状態だったそうです。
ティアは音に興味ありすぎて敏感で怖がりな面がある。
でも今回は私が階段を下りて踊り場から少し上がったところで
ティアを呼び寄せる。
ティアは迷っていた。怖いから行きたくない。でもゆんみがそこにいるから
ゆんみの所に行きたい。
迷ったあげくに決心したのは
私のところまで降りてきた。
もちろん「グッド」で褒めまくる。
もう一回やるが、今度はもっと下の方から呼び寄せてみたら
きちんと降りてきた。

ティア!えらい!

次は
私がエスカレータからあがってすぐティアを呼び寄せるが、
エスカレーターの音が気になるのかなかなか来ない。
少しずつ前に出てティアが来れそうな位置まで呼び寄せた。
結局は盲者の為の足点字より前の位置までは来れた。
もう一回挑戦してみたら
足点字より後ろの方まで(つまりエスカレーターの近くまで)来れた。

少しずつだけどティアの苦手なものを克服して行っています。
ティアは一度、それは危険ではないと学習してしまえば
平気で通り抜けられるものです。
その学習まで時間がかかるだけのことなので
根気よくティアが納得するまで少しずつ慣らしていくしかないのです。

ただ、トレーナーたちとの違いは何かというと
トレーナーは基本的なトレーニングをティアに教えて導いてくれますが、
メンタル的な面は難しいようです。
飼い主の私が来たことによって、ゆんみに会いたい。
怖いけど、それ以上にゆんみに会いたいという気持ちが勝って、
出来なかったことができたわけです。

そういういみでは
サミーも同じでした。
ベルという性質を考えると、自分が危険だと思うと頑として動かない。
危険回避第一という用心深い犬種です。
が、
飼い主大好き。いつでもどこでも一緒にいたがる。
その性質を利用してトレーニングすると
どんどん私についてくる。

初めてアジをサミーにやらせた時は、嫌だこんなものと文句を言われては
頑として一緒にやってくれませんでした。
私がまず手本を見せて、トンネルをくぐったり、Aフォームを駆け上がったりして
私が楽しいよ。一緒にやろうよというと
ゆんみが楽しそうなら一緒にやりたいなとサミーは思うようになる。
こうやって少しずつ一緒にできることを増やしていきました。
わたしはバリバリ体育系で何でも試してみたがるので
犬たちにははた迷惑かしら?
どこまで一緒にできるかなと楽しみながらやっている私。

おかげさまで
サミーは手話を読み取り、どこでもいつでも一緒にいてくれます。
ティアはこれからが楽しみです。

全く性格が違うので面白いですよ。
サミーとティアの駆け引きを見るのも面白い。

そうそう、
久しぶりにティアと会った時のティアが取った行動は?
私が目の前にいるのに、
「あなたはどなたですか?」と
あやしそうに見上げては
「あっ ゆんみだ」
と気がついては
熱い抱擁を受けました。
おかげさまで私の腕はティアの爪痕だらけになっちゃいましたが...。

ティアもサミーもトレーニングで預けている間に
迎えに行く時同じような行動ですね。
サミーもティアも『ゆんみがいるわけがない。トレーニングの練習だな つまんないな』
がまず頭の中にある。
それなのに目の前にいると
ん?
私がいること自体が信じられなくて、しばらくの間があるのですよ。
その後は
ご存知のように熱い抱擁を受けます。

トレーニングの後には
嬉しい遊びタイムが待っています。
近くの運動場で遊びます。
e0173961_12244119.jpg

スリムですね。
軽やかに走り回ります。
e0173961_1654433.jpg

どんどん追い抜いて行ってしまいます。
e0173961_16551862.jpg

わたし、おおきくなりました。
[PR]
by TiaSammy | 2009-06-18 12:00 | Training

レベッカ来日

イギリス聴導犬協会で働いていたレベッカが来日。

きっかけは去年の6月にイギリスの聴導犬協会に見学したことです。
レベッカさんは世界中の聴導犬協会や聴導犬を取り巻く環境を見てみたいという意欲があります。
直接彼女とはイギリスで会っていませんが、Selinaさんに私の連絡先を聞いてきました。
彼女の情熱に私は協力することにして、ASWDAとあすなろ学校を紹介することにしました。
どちらも英語はできるので。。。

レベッカの宿泊先にて
e0173961_1745294.jpg


レベッカを迎えに行って、そのままティアを迎えに行きました。
最初はティアは何気なく、研修生に連れてこられて歩いていたのが
私を発見して
「ゆんみいいいいいいいいいいいいいいいいいい」
e0173961_1763667.jpg

こんなデヘェっていう顔をするんですね。

少しずつ大人になり、トレーニングも少しずつ積み重ねて
経験も積み重ねていっています。

音の訓練は
音が聞こえたらタッチしてもらう訓練をしました。
自分の鼻でタッチするのはティアの中ではまだ分からないので
おやつを使ってタッチといって私に集中させます。
音が聞こえるとティアはしっかり反応はするのですが、その音を私に教えるという
作業がまだです。
ティアを見れば、何か音がしているなということは分かりますが
教えに来る段階には来ていません。
サミーより音に対する反応はものすごくいいので、少しずつ忍耐強く教えていきます。

久しぶりに見たティアは結構いい娘に育っています。
鼻はサミーよりすごく細いです。
[PR]
by TiaSammy | 2009-05-04 16:57 | Training